コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

パーソナルツール

セクション

現在位置: ホーム / 雑記 / ハードウェア / SEIKI SE39UY04で1080p 120hz入力を試してみた

SEIKI SE39UY04で1080p 120hz入力を試してみた

作者: anagot 最終変更日時 2013年08月19日 06時20分 |
カテゴリー: ,

先日購入した4K2KなSEIKI SE39UY04だが、1080p表示時は120hz入力が可能との事なので実践してみた。

カスタム解像度作成

デフォルトの解像度一覧には1080pの120hz入力が存在しないのでまずカスタム解像度を作成する。

以下GTX670使用時の設定方法

まずNVIDIAコントロールパネルで解像度の変更まで移動し、カスタムマイズをクリック

 

次にカスタム解像度の作成をクリックし、こんな感じで設定を作成。

テストをクリックして問題なかった場合カスタム解像度が作成されます。

カスタム解像度作成

あとは作成された解像度を選択すればOK

 

ゲームをプレイしてみた所感

とりあえずBF3をプレイしてみましたが、GTX670でも120fpsを出すためには相当設定を下げる必要があり、39インチという画面サイズもあり設定を下げ過ぎると見た目が汚くなってむしろ見づらくなります。

しかしやはり120hzのヌルヌル感は素晴らしです。入力遅延とかは特に感じませんでした。

 

ゲーム時の問題点

 

なぜか多くのゲームでフルスクリーンモードにできません。(フルスクリーンモードにすると強制的にウインドウに戻される。)

ウインドウモードなら問題ないので最大化でプレイせざるを得ないかと思います。

これはteamviewerが悪さしてました。常駐切ったらフルスクリーンできるようになりました。

また、ゲーム時はあまり目立ちませんが、マウスカーソルやウインドウの枠の一部で表示がチラ付きます。(4K表示時は問題なし)

1080p@120hzは常用のモニターとして使うのはちょっといただけないかもしてないです。まあ普通は4K表示すると思うので関係ないですが。

動画にしてみましたが動画だとちょっとわかりづらくなってしまいました。


広告
タグ: ,
広告
このサイトへの言及