コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

パーソナルツール

セクション

現在位置: ホーム / 雑記 / ハードウェア / 小型英字キーボード ”AJAZZ Geeks AK33 82 Key Mechanical Keyboard” のレビュー

小型英字キーボード ”AJAZZ Geeks AK33 82 Key Mechanical Keyboard” のレビュー

作者: anagot 最終変更日時 2015年12月01日 11時10分 |
カテゴリー: ,

中国から輸入したAJAZZ Geeks AK33 82 Key Mechanical Keyboardを雑に紹介

AJAZZ Geeks AK33 82 Key Mechanical Keyboard

AK33箱

先日レビューした noppoo choc mini といっしょに個人輸入していたのがこれ
noppoo choc miniと同様に英字キーボードであり、キーは2キー減って82キーです。
メカニカルキーボードながらお値段ははなんと3800円程度で購入可能(送料別)であり、 かなりお買い得かつ完成度の高いキーボードです。
まあ3800円っていうのはtaobao価格でありAliexpressなんかで買おうとすると余裕で8000円とか吹っかけられるわけですが。

AK33内箱

箱が二重になっており内箱がちょっとかっこいい感じになってます。

AK33 nakami

写真からは判りづらいですが、キーボードは発泡スチロールの袋に入った状態で両脇が黒いスポンジにはめ込まれており、かなりしっかり梱包されています。
国内の同価格帯のキーボードなんかよりよほど気遣いがされているように感じます。

AK33 nakami2

付属品はケーブルだけです。ケーブルはMini-Bのタイプで金メッキがされていました。

AK33_edge

AK33の特徴は全キーにLEDがついておりフレームレスであるということです。
基盤部分はLEDの乱反射を期待してか梨地仕上げのアルミ板になっており、エッジ部分はきれいに面取りされています。
価格の割りにかなり凝ったつくりになってるように感じます。

AK33_点灯

LEDの明るさは5段階+消灯で調整可能となっています。
夜中に薄暗くなりがちな自分の部屋でもキーがよく見えるので一番低い明るさで点灯させて利用しています。
無駄に点滅させたりウェーブさせたりする機能もあり、しかもその速度を調整する機能もあるのですが、
正直実用ではうっとおしいだけで店頭での展示以外ではあまり意味を見出せませんでした。

AK33_横

側面はこんな感じ、キーの高さを帰ることでステップを作ってるタイプ

AK33 裏

裏面はピアノブラックになっており、そのまま写真を撮るといろいろ不都合なものが映りこんでしまうため、
試行錯誤した結果ちょっとわけわからない状態になった。
チルトスタンドの先はしっかりゴムになっており、タイプ中に滑ったりすることはないです。

AK33黒軸

スイッチはZOEROという刻印がされたMX黒軸の互換軸にです。
若干cherry純正の黒軸より軽いような気がしないこともないです。(今手元に比較対象がないので自信なし)
特に引っかかりとかはないですが、強めに押下した際や押したキーが跳ね上がる際に金属的な反響音のようなものが若干目立ちます。
個人的には全然許容範囲ですが人によっては気になる人もいるかも。

AK33_keycap

キートップ裏はこんな感じ


広告
広告
このサイトへの言及