コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

パーソナルツール

セクション

現在位置: ホーム / 雑記 / ハードウェア / SE39UY04を和室の壁に掛けてみた

SE39UY04を和室の壁に掛けてみた

作者: anagot 最終変更日時 2014年01月22日 15時25分 |
カテゴリー: ,

SEIKIの39インチモニタSE39UY04を専用アームを使って和室の長押に掛けてみました。

UP2414Qの登場でサブモニタに降格したSE39UY04を和室の鴨居を使って壁掛けにしてしまおう的な感じです。

 

3007WFP_kamoiちょうど1年前の2013年1月

DELL 3007WFPを中古で入手したためアームでサブモニタとして利用しようとするものの

壁が漆喰、床が畳な我が部屋では、モニタアームが付けれそうな場所が見つからず困っていました。

机も父親から受け継いだ学習机(50年モノ)という関係上、モニタアームのクランプをはさめるスペースが存在していませんでした。

さてどうしたもんか、と思いいろいろ探していたところ見つけたのが@ZONEという中古PCショップのオリジナル商品の長押用の壁掛けモニタアーム

鉄板にVESA100の穴を空けてあるだけなシンプルデザインでしたが3000円で入手できたので使ってみたところ普通に利用できました。

(この長押用モニタアーム、販売していたネットショップが消滅したらしく、2014年1月現在ではもう入手不可能です。)

 

 

 

アームwithアダプタ

今回壁掛けするSE39UY04はVESAの200mm×200mmタイプなので、VESA200変換アダプタ(銀) OP-025を購入していこんか感じで長押アームと合体

アダプタのマニュアルに書いてあった接続方法だとアームの形状の問題で接続できなかったので、ちょっと工夫してます。

 

 

 

 

 

 

 

 

SE39UY04_アーム合体

SE39UY04と合体

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SE39UY04_壁掛け

完成

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これでメインモニタと合わせて4k4k(3840x4320)なデスクトップになりました。


広告
タグ: ,
広告
このサイトへの言及