コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

パーソナルツール

セクション

現在位置: ホーム / 雑記 / 覚書 / 楽天のアカウントを乗っ取られてから復旧までの経緯

楽天のアカウントを乗っ取られてから復旧までの経緯

作者: anagot 最終変更日時 2013年06月26日 13時20分 |

突如乗っ取られた楽天のアカウントと復旧までの対処

発端

6月某日深夜、たまたまメール閲覧している途中でに楽天よりメールが届く

普段だったらスパム扱いしてるところだが、件名が件名なので見ないわけにはいかなかった。

件名:[楽●天]会員情報変更のお知らせ

会員情報なんて変更した覚えはない。

そこでメール内容を確認してみると、なんとIDとパスワードが変更されている。

楽天のIDはメールアドレスを使う形式だが、完全に知らないメールアドレスに変更されていた。

びっくりしてログインを試みるもののやはりログイン不可能

ここから戦いが始まる。

 

問い合わせ

やむなく楽天に問い合わせたいが、電話番号がわからん。

楽天の問い合わせ用の電話番号どこにあるんだっていうので1時間くらい格闘

そんなこんなで格闘しているとskypeにて某氏より問い合わせフォームのURLを教えてもらえた。

フォームに必要事項を入力していき送信。あとは返信を待つばかりである。

しかし、フォームからの問い合わせとかいつ対応してくれるのか不安でしょうがなかったので、引き続き別の問い合わせ方法も探すことに。

そしてついにサポートの人とチャットできる方法を発見↓

「楽天市場」で不明点をチャットでスタッフに問い合わせる方法

受付時間が朝10時からとなっていたので早速翌日朝10時に問い合わせ。

チャットにて状況を伝えたところ、今後のやり取りはメールになるとの事

了解してチャットを終了するとほどなくしてサポートの人からIDの復旧とパスワード再設定のURLが書かれたメールが到着し、ひとまず安堵。

 

勝手に時計を買われてた

なんとなく予想はしていたが、サポートの人から届いたメールには、アカウントが乗っ取られてる間に10万円の時計を買われているとの情報が書かれていた。

ログインして確認したところ、某県のアパート(完全に知らない住所)の男性(完全に知らない人)の家に発送される形で、私のカードで10万円の時計が買われていた。

そのため身に覚えがない旨返信したところ、キャンセルの運びとなった。

 

ID・パスワードはどこから漏れたか

今回のIDとパスワードだが、以前Yahoo!に登録してあったものと同一のものだったことに気づく。

Yahoo!からも以前アカウントをハックされたことがあり、その際はヤフーメールを不正利用荒れて勝手に見知らぬネトゲのアカウントを作成されていた。

このときはYahooのパスワードの変更とシークレットIDの変更で対処を行ったが、同パスワードを使っていた楽天のアカウントの変更を失念したまま利用を続けていたのだ。

おそらくそれが原因だろうと言う事で、念のため今回は各種サイトのパスワードを調べて同様のパスワードを使ってるサイトが無いか確認してまわった。

 

感想:楽天の対応は意外と速い

問い合わせ方法が分かりづらい点はアレだが、意外と対応自体は早いなあと感じた。


広告
広告
このサイトへの言及