コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

パーソナルツール

セクション

現在位置: ホーム / 雑記 / PCゲーム / BF4のベータテストをGTX670でやってfrapsで計測

BF4のベータテストをGTX670でやってfrapsで計測

作者: anagot 最終変更日時 2013年10月10日 22時55分 |
カテゴリー: ,

設定:Low  マップ:Siege Of Shanghai  ルール:コンクエストラージ  解像度:1920x1080  CPU:Xeon E3 1245V3  グラボ:GF-GTX670-E2GHD/DF/OC  モニタ:SEIKI SE39UY04(1920x1080@120hzモード)

コンクエラージ1戦分計測

120hz液晶を生かすにはもっといいグラボが必要かなあ

でもどっちかというとCPUがネックかも

FramesTime (ms)MinMaxAvg
92404 1327662 29 124 69.599
fraps測定結果グラフ

10/12追記

10日夜にパフォーマンス改善のパッチが出てたようです。

上記のものはパッチ当ててない状態で計測してました。

そこでパッチあてて再計測した結果がこれです。

前回のデータに長さを合わせてます。

fraps測定結果グラフ2

みての通り今回計測分は全般的に底上げされてる感じになってます。

何より60fpsを割り込むことが減り、体感でもガクつきが減ったように感じられます。

製品版ではさらに軽くなってほしいですね。


広告
タグ: ,
広告
このサイトへの言及